レポートリンク

アニメOP&EDパロ製作レポート
動画担当VOCALOID曲製作レポート

(現在のページが移動します)

HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>VOCALOID

【鏡音レン】 最後の唄 【オリジナル】 についてのレポート


動画を担当しました。担当部分に関してレポートを残そうと思います。

依頼を頂いて製作しました。
曲自体はかなり前に完成していたようで、絵の完成を待って動画の製作に入りました。
リアルの忙しさもあって、数日での突貫作業になってしまいましたが、スマートに仕上がって出来には満足しています。

○使用ソフト
After Effects CS4

○全体演出
歌詞の内容や絵から、現在と回想を繰り返すような感じだったため、現在はハッキリと表現する一方で回想には縁に黒ぼかしを入れて古いフィルムのような表現をする方針で行いました。

○冒頭
回想シーンで古いフィルムのような演出をするならいっその事冒頭でガッツリ印象付けさせようと思い、フィルムダメージを入れさらに上下にランダムに振動させました。

○タイトル
自作のタイトルです。動画屋の仕事じゃないとあれほど修行させていただきました!
以前の教訓を活かし、なるべくシンプルに作りました。タイトルは文字サイズの変更のみ、配置するオブジェクトは絵から切り取ったペンダントのみ。フェードでは寂しすぎたので、ペンダントには入りと出でモーションを付けました。

○間での光表現
タメのような感じで音が無くなる区間があったので、曲の静まりに合わせる様にそこには暗闇にチラチラ光る光だけの演出を入れてみました。"レンズフレア"エフェクトの"フレアの明るさ"にwiggleをかけてチラチラさせました。今から考えるとあそこは光を広げるのではなく、消滅させるべきでしたね。その後に泣き顔があったので、その前に絶望的な演出にすべきでした。それこそ命の火が消えるような。

○フォント
タイトルには小塚明朝 Proを、歌詞にはVD ロゴ丸 中 G、クレジットにはA-OTF じゅん Proを使用しています。今から考えると歌詞のフォントがテーマに対してポップすぎるかなと思います。

印象に残った内容はこんな感じでしょうか。
ここまで読んでくださった方いらっしゃいましたら、本当にありがとうございます。
今後ともよろしくお願いします。
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://kerotext.blog10.fc2.com/tb.php/11-9805396d

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。