レポートリンク

アニメOP&EDパロ製作レポート
動画担当VOCALOID曲製作レポート

(現在のページが移動します)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【初音ミク&KAITO】パーティ【オリジナル曲】 についてのレポート


動画を担当しました。担当部分に関してレポートを残そうと思います。

クリスマスには必ず間に合わせるようにとの依頼を頂きました。
一部背景の無い絵を頂いたので、せめてテクスチャをと絵師様にお願いしたところ、真っ白な本の絵をチェックっぽいテクスチャを頂けました。背景が無い時に、今のスキルだとお手上げ状態になってしまう事を認識できました。
今後は立ち絵だけでも画面を持たせられるようにスキルアップしたいと思いました。

また、今回は全体的にノンビリした雰囲気のを作ってくれとの事も言われており、動いてないと落ち着かない病に感染している自分にはかなりいい訓練になった気がします。

○使用ソフト
After Effects CS4

○タイトル
絵師さんからタイトル絵は頂いており、それらに動きを付けました。絵が可愛らしかったので、出現も可愛らしくと思ったのですが、後から見るとまだ激しいかなと思いました。音楽ともわずかにずれてますね。

○配色
歌詞の文字色や背景の色等、配色に関しては絵師さんに監督していただきました。私にはこういう事のセンスがまるっきり無いという事を再認識しました。

○歌詞位置
歌詞を動画下部に一定に表示するのではなく、堂々を表示させて動画の一部としました。そうでもしないと画面が持たないからというのが本音です。

○本をうつすカメラ移動
本に現れる歌詞をカメラが追っていくような演出。
製作もカメラの移動で行っていて、カメラ自体は平行移動しかしないのでわざわざカメラにする必要もあったのか疑問ですが、一部早すぎるかなと思うところがあり、反省してます。

○パーティー会場
歌詞に合わせて明かりが落ちた会場を表現しつつ、ミクの手を取られたドキドキを演出するためにスポットライトを使用しました。使用したエフェクトはその名の通り"CC Spotlight"。自由度は低いですが、ライトレイヤーに比べると格段に制御はしやすかったです。
そしてここでのキラキラは"CC Particle World"です。

○デートシーン
場面の移り変わりに困ったらカメラのズームアウトを使用するクセがついてしまった気がします。
それはともかく、このシーンで困ったのは背景の移り変わる部分でした。街中を意識した背景から一気に明るいオレンジ色のような背景に移るには、それなりのショックが必要だと思ったのですが、のんびり演出からストロボは使えず、安っぽくなるかもと危惧して使って無かったキラキラ粒子郡を使うことにしました。さらに加えて、画面全体を一度"ブラー(滑らか)"でボヤケさせてから背景を切り替えることによって、滑らかに変化したように見せたかったのですが、調整を繰り返して許容範囲には収められたかなと思っています。

○フォント
歌詞にはことり文字ふぉんと、クレジットにはA-OTF じゅん Proを使用しました。

○エクスプレッション
今回も歌詞表示にエクスプレッションを組みました。
"ポイント制御"での二つの値を弄るだけで出現と消滅のフレーム数を一気に調整できるだけでなく、出現と消滅で使用する"リニアワイプ"エフェクト内の境界のぼかしも"スライダ制御"で一度に行えるようにしました。
さらに、ワイプ角度にもエクスプレッションを組み、レイヤーが傾いたとしてもそのレイヤーの傾きに合わせて出現消滅できるようにしました。

印象に残った内容はこんな感じでしょうか。
精一杯作ったにもかかわらず満足できずに納品する気持ち悪さにはまだ慣れられません
ここまで読んでくださった方いらっしゃいましたら、本当にありがとうございます。
今後ともよろしくお願いします。
スポンサーサイト

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。